響け!ユーフォニアム 第8話感想←お祭り…いく女子いない…

祭りの話だった訳ですが、彼女と祭り行きたい…いないけど、なんか悲しいかな作品販売してからいつもこんな事言ってきた気がする、ず~っと同じ日常が続いてる今日まで、けどそれじゃあつまらないから変化が欲しい。
リアルなシーンが多くて楽しかった、なんかこう台詞のやり取りが三次元ですごいありそうだった。
葉月は告白して結果があれでもその後すぐに切り替えるというかそういう所が好感持てます。

高坂さんってすごいはっきり物事を言う性格だからきつい事言われた人は傷つく人もいると思う。
でも悪口言ってるわけではないし、隠し事なしで本音で話してるのがわかるから好きです。
私も普通にしてても変わってると思われる事が多い、自分では何でそう思われるのか疑問に思う。
平気でそういう事言う人の方が変わってるって思うけど考えてもただ疲労感が溜まっていくだけだとある時気付いた。
いつしか考えるのに疲れたし、自分は自分だからそう思う人には変わってると思われてもいいやって思うようになった。

山を登った街並みがライトに照らされて綺麗だった、こんな景色で珈琲片手にぼ~っと景色を眺めるのが好きです。
といいますかよくある私の日常、海も大好きです。
3、4時間はぼ~っとしてたい時がある、いつもそうですけど。

趣味ぼ~っと綺麗な風景を見る事、風で葉っぱがサ~って揺れて涼しい風が吹く瞬間とかほんとに癒される。
そういうのを理解してくれる人が彼女になって欲しい、落ち着いてる女子がいい。
いい加減妄想全開blogからリアルな展開に変わって欲しい物だ、う~む、彼女が出来たらこのblogで発表しよう、皆さんが私より早く彼女ができる事を祈ってます、発表がなかったら、うん、つまり、察して下さい(笑)

コメント

トラックバック