アマガミ、なりきり(お風呂場突入編)

七咲「私の水着見た時の先輩の反応・・・やっぱり男の人ってこういうの好きなのかな・・」
七咲「でもあの時の先輩の顔かわいかったな~、パンツじゃなくてかわいそうな事したかも」
七咲「たくさん汗かいたし早くシャワー浴びないと」

ドア「バンッ」
七咲「えっ?」
純一「大丈夫か七咲、タオル忘れてたぞ」
七咲のパンチ「バシッ!!!」
純一「ぬごおおわうあおううおあ」

七咲「何覗いてるんですか先輩!!!」
純一「覗きって、そんな僕はやましい事しないよ、タオルがないと七咲が困ると思って」
七咲「それを口実にして私の裸を見るって魂胆だったんでしょ」
純一「ちっ、ちっ、違うって、そんな事みじんも・・・思ってたりするけど、あはは(笑)」

七咲「ほらやっぱり覗き目的だったんじゃないですか、もう先輩、ほんとに最低」
純一「うぅ~まずい本格的に怒ってるぞ」
七咲「先輩!!!」
純一「はっ、はい!」

七咲「見ましたよね」
純一「見たって何を」
七咲「その、私の胸」
純一「七咲の胸・・・柔らかそうでもみ心地のありそうな・・・ぐふふ、あっ・・」(妄想)

七咲「先輩~~~~~~、もう出てって、バンッ」
七咲「・・・」
純一「あの~七咲さん、怒ってます?」
七咲「当たり前です、先輩がそんな事やる人とは思ってませんでした」

純一「ぐっ、こうなると打つ手なしか、しょうがない今日は帰るか」
純一「ただいま~」
美也「あれ、にぃに早かったね、肝心のデートはどうだったの?」
美也「その様子だと、また逢ちゃん怒らせたんでしょ」

純一「すごいな美也、いつからエスパーになったんだ」
美也「いつもの事だしね~、ほんとにぃにも懲りないね~、そんな事ばっかしてると逢ちゃんにも愛想付かされるよ」
純一「頼む美也、七咲にもう許してやってくれって言っておいてくれないか」
美也「え~、もう面倒くさいな~、そうゆうのは自分でやりなよ」

純一「いやあの七咲の言葉から察するに今の僕の言葉は彼女には届かないだろう」
美也「自業自得でしょ」
純一「だけどまあこれも僕が招いた種だ、男らしくきっちり謝ろう」
美也「頑張ってね~」(雑誌読みながら棒読み)

翌日

純一「おっあれは七咲じゃないか、おはよう七咲、グッドモーニング」
七咲「誰でしたっけ」
純一「あはは、朝からきついジャブだね、そんな所もかわいいよ」
七咲「お世辞ありがとうございます」

純一「またまたそんな連れないな~・・じゃない昨日は悪かったごめん、もう覗きは二度としないよ」
七咲「それ昨日も聞いた気がするんですけど」
純一「今度は本当さ、信じてくれ七咲、だからそのまた家に呼んでほしいかな~なんて」
七咲「・・はぁ~、もうそんな顔して、いいですよ許してあげても」
純一「ほっ、ほんと」

七咲「ただし条件があります、次のデートでショッピングに付き合って下さい、買いたい服もあるので」
純一「そんな事でいいの?お安いごようさ」
七咲「荷物持ちもお願いしますね先輩、ふふ」
純一「はっ、はい・・・」