ハヤテのごとく、なりきり

マリア「ナギ~、ナギ~、どこいったのかしらあの子」
綾崎ハヤテ「どうかしましたかマリアさん」

マリア「あっ、ハヤテ君、ナギ見ませんでしたか?」
綾崎ハヤテ「お嬢様ですか?お嬢様なら居間で寝ていますが」

マリア「居間ですね、ありがとうございます」

マリア「なぎ~、起きて下さい、もうお昼ですよ」
三千院ナギ「昨日ゲームのやりすぎで疲れているんだ、たまには休ませろ」

マリア「たまにってあなたいつも休みでしょ」
三千院ナギ「何かの間違いだろ、んじゃそういう事で、Zzz・・・」

マリア「ナギ、あなたって人は・・・」